ウクライナ侵略を断固糾弾する 

ロシアは軍事作戦を直ちに中止せよ



コロナウイルス問題での悩み事、相談は


 日本共産党さいたま地区委員会 Tel 048-641-1561
 日本共産党さいたま市議団   Tel 048-829-1811  へ

さいたま市の共産党後援会、共産党の活動などを紹介します

  

  09/22 市議団ニュース220911(970号)

       市議団ニュース220918-25(971号) をアップしました。

  09/19 下落合後援会ニュース22年09月号

       桜区後援会「さくらニュース」22年09月号

       北区後援会ニュース「北斗星」22年09月号 をアップしました。

  09/16 9月議会での竹腰市議の一般質問、統一教会関連👇

  09/14 9月17日に日本共産党創立100周年記念講演会を行います。👉

  09/09 9月議会での質問時間が決まりました。👇

       議会日程はここをクリックしてご覧ください。

       市議団ニュース220828(968号)

       市議団ニュース220904(969号) をアップしました。

  08/28 安倍元首相の国葬・弔意今日反対で市に申し入れ。👇

  08/27 大和田後援会ニュ―ス「真ん中」22年08月号をアップしました。

  08/17 市議団ニュース220807-14(967号)

       大宮区後援会ニュース22年08月号

       桜区後援会「さくらニュース」22年08月号 をアップしました。

  08/08 南区後援会ニュース22年08月号

       市議団ニュース220724-31(966号) をアップしました。

  07/24 桜区後援会「さくらニュース」22年07月号

       中央区下落合後援会ニュース「よの」22年07月号

       見沼区大和田後援会ニュース「真ん中」22年07月号  をアップしました。

  07/16 市議団ニュース220703-10(765号)

  07/11 選挙結果の県後援会ニュースです。👆

  07/09 北区後援会ニュース「北斗星」22年07月号をアップしました。

  07/08 明日、浦和駅・大宮駅に志位委員長「比例5名・梅村さんを何としても」訴えに。👆

 

統一協会関係を追及

9月議会一般質問で竹腰議員、対応ただす

さいたま市議会で13日、代表質問が行われ、竹腰連市議が統一協会(世界平和統一家庭連合)への市の対応をただしました。

竹腰氏は、清水勇人市長が2018年から、統一協会系イベント「ピースロード」実行委員会の表敬訪問を受けていたことについて、信者の勧誘などに利用される可能性があると批判。清水市長は、「社会的に多くの問題が指摘されている団体であり、今後は慎重な対応に努めたい」と述べました。

竹腰氏は、市が出した表敬訪問時の資料によると、実行委員会の委員長をはじめとした役員に、黒塗りとなった埼玉県議3人、さいたま市議6人の氏名があると指摘し、議員らの氏名を公表するよう要求。小島豪彦市長公室長は「今回は情報提供であり、個人情報保護の観点からマーキングをさせていただいた。今後、情報開示請求などあれば検討したい」と答弁しました。

 

竹腰氏は「議員は公人だ。これだけメディアで統一協会と政治家の関わりが報道されるなか、さいたま市議がどう関わっているかを公開しないのは、有権者に対する冒漬(ぼうとく)だ」と批判し、重ねて議員らの氏名公表を求めました。

□たけこし 連 市議

  913日(火)10001040

□松村 としお 市議

 913日(火)13201400

 

 

 なお、さいたま市議会議場のシステムの入れ替えを行った関係で、インターネット中継の画質がよくなりましたので、ぜひご覧ください。

国葬・弔意強要に反対

日本共産党さいたま市議団(鳥海敏行団長)22日、安倍晋三元首相の国葬をめぐり、弔意表明の強制を行わないことを求める要望書を清水勇人市長あてに提出しました。

 

要望書は、不慮の死を遂げた安倍元首椙について、多くの世論調査で国民の多数が「国葬」の実施に反対を表明していると指摘。反対の声があるにもかかわらず、国葬が強行され、弔意が押し付けられることは許されないとして、▽学校現場や行政機関に弔旗の強制をしないこと▽市民や市職員に弔意の表明を強制しないこと▽児童・生徒、教職員に弔意の表明を強制しないこと―を求めています。

「核共有」議論容認を批判、さいたま烏羽議員が市長追及

さいたま市6月議会、8日の一般質問で鳥羽恵市議は、ロシアの侵略に乗じて一部国会議員などから出ている「核共有」の議論について、清水勇人市長の認識をただしました。

清水市長は33日の記者会見で「核共有」について「議論がなされていることについて特に否定はしない」と述べています。

鳥羽氏は核兵器廃絶を求める国民の願いと世界の流れに逆行する議論だと指摘。平和都市宣言を行った市の市長として、このような発言は慎むべきだと批判し、「政府に対して一日も早く核兵器禁止条約に署名・批准することこそ強く求めるべきだ」と迫りました。

清水市長は答弁に立たず、伊達雅之総務局長が「市長は肯定も否定もしないという立場だ」と答弁。核兵器禁止条約についても明確な答弁はありませんでした。

 

鳥羽氏は、清水市長に対し「自身で答えない姿を市民と議会に示したのは残念だ。党市議団は世界の人々と連帯し、核兵器廃絶に全力を尽くす」と述べました。

公立保育所半減計画、金子議員撤回求める

さいたま市6月議会、7日の一般質問で金子昭代市議が市の公立保育所半減計画撤回を求めました。

市が策定を進める「公立保育所のあり方に関する基本方針」では、市内61ヶ所の公立保育所の約半分について統合・民営化する計画です。金子氏は、基本方針は南区の公立保育所3ヶ所を先行して2026年度末までに廃止しようとしていると指摘し「南区は最も保育所の足りない"保育所入所激戦区"だ。市民の保育ニーズとかけ離れた基本方針は撤回すべきだ」と迫りました。

池田喜樹子ども未来局長は、「廃止予定の3園は民間から土地・建物を借用して運営しており、まずは老朽化した市有施設を優先して更新する」と述べました。

金子氏は、対象公立保育所の周辺の民間認可保育所は、園庭がない所が多いと指摘。「近隣の民間保育所を受け皿にすれば、さらに園庭のない保育所ができるのではないか」とただしました。

 

池田子ども未来局長は明確に答えず、基本計画を検討するなかで、公立保育所の機能向上へ対応すると答弁。金子氏は「機能向上を図ると言いながら、公立保育所を縮小するのは矛盾している」と批判しました。

左から、久保みき(桜区:3期)、とばめぐみ(見沼区:1期)、たけこし連(中央区:1期)、山本ゆうこ(大宮区:新)、大塚たけひで(西区:新)、池田めぐみ(浦和区:新)、神田真一(北区:新)、金子あきよ(南区:1期)、松村としお(緑区:2期)
浦和区は鳥海敏行市議(5期)から池田めぐみさんに、北区は神田義行市議(8期)から神田真一さんにバトンタッチです。

2月議会が終了、社会保障削減、不要な大型開発を批判

さいたま市議会2月定例会は11日、70件の市長提出議案を可決・同意して閉会しました。日本共産党は、2022年度予算案など10件に反対しました。

金子昭代市議は22年度予算案について、「コロナ対策の強化」が掲げられているものの、従来の政府の対策を並べただけで不十分なことや、「ポストコロナ」の名のもとに不要な大型開発を推進していることを批判しました。

一方で、社会保障の30億円削減について「コロナで浮き彫りになった医療、公衆衛生、介護、子育てなどの課題に関わる取り組みを強める時だ」と主張しました。

 

松村敏夫市議は、国民健康保険税の6年連続値上げの条例案について、コロナ禍のもとで国保加入者の暮らしはさらに厳しくなっているとして、「『持続可能』と言って負担増で市民生活をどんどん追いつめる冷たい市政でなく、公費を投入して負担を減らすあたたかい市政に転換を」と求めました。市議会は、市庁舎移転に関して浦和区自治会連合会から「再検討を求める」請願が提出されたことを受けて同日、同連合会の意向を最大限尊重することを求める決議を、共産党を含む賛成多数で可決しました。